【徹底比較】安い紙袋をお探しの方必見

ホーム > 安い紙袋の情報 > 安い紙袋をプログラム制作会社が作って展示会で使っていました

安い紙袋をプログラム制作会社が作って展示会で使っていました

 以前、中央市場で販売管理ソフトのプログラム制作をやっている会社が説明書などの入った安い紙袋に入れて配っているのを見たことがあります。中央市場には仲買がたくさんいますが、業種からかコンピュータ化が他の業種に比べるとかなり劣っている感じがします。その関係で何十とある仲買いを集めて販売管理ソフトの重要性とそれの導入によっての経費節減の話が展示会形式で行われたわけです。もし各仲買にソフトの導入をさせることが出来ればかなりの売り上げになるのでプログラム制作会社はこの展示会にかなり力をいれているのが分かりました。だから安い紙袋と言ってもかなりしっかり作られたもので表面にはプログラム会社の名前と電話番号がきっちり入っていました。ある程度の物を配らないと頼りない会社と思われるから、しっかりした作りの物を配ったようです。

 結局その展示会の結果、中央市場の中のかなりの仲買がこのソフトの導入に踏み切り、このプログラム屋さんはこのプロジェクトでかなり利益を上げることが出来たと聞きました。それでそのプログラム屋さんから話を聞いたのですが、展示会の時配った紙袋はそんな安物ではなく、そこそこの価格の物を使ったと言うことでした。ネット通販の会社で自社のプログラムを使っているところがあり、そこの物を使ったと言うことでした。紙袋を作っているネット通販会社は多くて競争のかなり激しい業界だそうで、他にも作っている所はたくさんあるそうです。紙種は選択することが出来て名入れに関してはオリジナルな物を作ってくれるので、利用する機会があれば利用すると便利であると教えてくれました。オリジナルな紙袋を作っているネット通販会社なんて考えたこともなかったのでいろんな仕事があるのだなと感じました。

 それでネットで調べてみると確かにたくさん、紙袋を作っている会社が存在しており、価格もそれぞれによって違うのが分かりました。デザインはどうやって送るのか気になったのでその点を調べたら、これもいろいろあってネットを使ってフォームからデータをアップデートするところがほとんどでした。使うソフトは指定されていますのでそのソフトを使ってデータを作ることが基本になります。しかしデータを作ることができない所ではFAXでもデザインを送れるようになっていました。この展示会で紙袋の作り方を知ることが出来たので、利用する時があれば利用できるなと考えています。中央市場の仲買の場合は顧客が大手スーパーになるのでひょっとしたら利用する機会があるかもしれず、いいことを教えてもらったと感謝しています。

次の記事へ

TOPへ